« 「社会学小辞典」でも「軍隊は暴力装置」 | トップページ | 「正鵠」の意味は、単なる「的の中心」ではないという話 »

夫婦別姓の議論について

日本で夫婦別姓の問題が議論されるようになって久しくなります。

私自身は別姓にすることに抵抗は感じますが、同姓でなければならないとまでは思いません。しかし夫婦別姓の議論の中に、明らかに誤った認識に基づくと思われるものが含まれているのが気になったので、基本事項を整理するために記事を書いてみることにしました。

それは、他でもない「姓」(法律では氏(うじ))に対する認識です。

日本の法律上、人の呼称は「氏」と「名」の組み合わせによって成立する事になっていますが、「氏」は民法上の規定によって決まり、「名」は出生届によって決まります。この「氏」と「名」のうち、厳密に個人に帰属するのは「名」のみです。「氏」は「個人」ではなく、言わば「夫婦」の呼称だからです。

一番基本的なことですが、現在の日本の戸籍制度は「個人別登録制度」ではありません。昭和22年の民法改正で「家」制度が廃止されて以降は、婚姻による「夫婦」が戸籍の単位になっています。明治以降の家父長制度は当時の国家経営には都合が良かったものの、「個人」にとっては極めて弊害の多いものでした。その「家」が解体され、替わって登場した戸籍法上の単位は「個人」ではなく「夫婦」なのです。

現在日本では、人は生まれると父母(婚姻によらない場合は母)の戸籍に登録され、その「氏」を獲得します。そして成長し自分が婚姻した時点で父母の戸籍から出て、新たに自分たち夫婦の戸籍を持つことになりますが、この新しい戸籍の「氏」を決める際の選択肢が、婚姻前の夫または妻の「氏」となっているわけです。

法律上「氏」は単一の夫婦の呼称ですから、理屈の上では夫婦が「同氏(同姓)」であるのは当たり前なのです。

私は夫婦別姓という考え方が誤りであるとは思いません。ただ、この問題を論じるのなら、60年前に「家」を解体したように、「夫婦」という単位を解体して、戸籍を個人登録制に移行するべき時期に来ているかどうか、日本の現状に即して検討しなければならないと思います。

私は今のところ夫婦別姓の導入について、まだ国民の共通理解が出来ていない段階で、拙速に法改正を進めるべき状況ではないと考えています。60年も前に消滅した「家」という観念からも十分脱却できていないため、夫婦単位(核家族化)への適応も不十分というのが日本の現状で、このうえ更に戸籍を細分化し個人登録に移行しても、教育、老後の両親の扶養や相続など、家族をめぐる問題が混乱し、深刻化しこそすれ、それを上回るメリットがあるとは思えないからです。

ただ婚姻による新戸籍の「氏」の選択肢が夫または妻の「氏」の二者択一という現状は、考え直すメリットがありそうに思います。例えば、父母の旧姓を含め選択肢を4つにするだけでも、結婚による改姓の負担が必然的に夫婦の一方のみにかかる現状を改善し、「氏」が夫婦の呼称であるという認識を高める効果が期待できるのではないでしょうか。

※論旨を明確にするため、一部冗長な部分を削除、言い回しの訂正を行いました。(2010.12.24)

※用語が便宜的なものであることを明示するために、本文中「「夫婦」の呼称」の前に「言わば」を追加しました。(2010.12.28)

|

« 「社会学小辞典」でも「軍隊は暴力装置」 | トップページ | 「正鵠」の意味は、単なる「的の中心」ではないという話 »

法律」カテゴリの記事

コメント

GOOGLEのアラートに登録した「選択的夫婦別姓」で紹介されて、こちらに来ました。
さっそくですが、
>「氏」は「個人」ではなく「夫婦」の呼称
について。

>現在日本では、人は生まれると父母(婚姻によらない場合は母)の戸籍に登録され
とあるように、この場合、夫婦の呼称とはならないと思うのですが。
それから、「婚氏続称」の場合、夫婦の呼称ではなく、「別れた夫婦の呼称」となるのでしょうか、、、?

それからもう一つ、「戸籍」についてですが。
選択的夫婦別姓導入にあわせて、戸籍を廃止して、個人簿のようなものに変更したらどうかという議論もありますが、そうしなくても、別姓の夫婦の戸籍だけ、「夫の氏・妻の氏」などを加えるとか、小さな変更で済ませることもできるかと思います。
その方が、選択的夫婦別姓に反対してる人に配慮した感じになると思いますので。

投稿: H2O2 | 2010年12月27日 (月) 18時25分

H2O2さん
コメントをありがとうございます。
「用語」が不正確でごめんなさい。現在の戸籍が「個人別登録」でないこと、また「氏」が「名」と性格を異にするものだということを明解にするために、私は、「夫婦の呼称」と言いました。戸籍には未婚の子が含まれるので、より正確には「家族」の呼称というべきなのですが、その場合「親子別姓」など他の問題を内包させてしまい、「夫婦別姓」から焦点が拡散してしまうと考えました。
また現在の戸籍法では「未婚の子」とあるように、婚姻で「夫婦」になることによって新しい「姓」を獲得し、子が婚姻した後は再び「夫婦」二人の「姓」に戻る事が予定されており、法の趣旨から大きくハズレる表現ではないと考えています。

選択的夫婦別姓が現在の戸籍法を抜本的に改正せずに実現できるという考え方に関しては、私自身は、本質的な議論を経ずに「姓」の性格を根本的に変えてしまうことになり、大変不適切な方法だと考えています。
「選択的夫婦別姓に反対している人に配慮し」ていると考えている方々は、何も失うものがないという認識をされていることが多いようですが、法律婚に別姓を加えれば現在の「姓」の意味は失われてしまうわけで、選択制は決してパレート改善的な解決ではないのです。

将来、日本の社会が成熟すれば個人別戸籍に移行するべき時が来るし、戸籍自体がいらない時代も来ると思います。しかし一部の洗練された「層」の常識だけで理論を構築し、性急に日本全体の実情に合わない法改正を進めることはデメリットが大きすぎると感じます。都会や高学歴者など一部の層だけでなく、広く日本全体の実情や、次世代への影響を十分考えた上で、議論すべきだと思います。

投稿: BIFF | 2010年12月28日 (火) 07時40分

2回目のお邪魔です。(しかも年末に)
>議論すべきだと思います
とのことですが、まぁ、ここで議論を始められてはご迷惑でしょうから、自粛します。(?)

ところで、戸籍の話ですが、お隣りの韓国が、2008年1/1から戸籍制度を廃止して、新しい制度に移行したそうですが。
なんで戸籍を廃止したのか、まぁ、まだ2年くらいでは、はっきりとしたものがあるかどうかもわかりませんが、韓国社会にどのような影響があるのか調べてみるのもおもしろそうですねぇ。

別姓との関係だと「中国、韓国は完全別姓の国」といいますから、それで、戸籍の廃止も楽だったのかもしれませんが、、、。
あれっ、韓国は、戸籍が廃止されるまで、別姓でも戸籍での管理が可能だったということですか、、、?
どういう形の戸籍だったんでしょうねぇ? よくわからなくなってきました。(@_@)
勉強してきます。それでは、よいお年を!

投稿: H2O2 | 2010年12月29日 (水) 18時37分

H2O2さん
再びコメントをありがとうございます。
議論の自粛、ありがとうございます(笑)。私自身は現時点での「別姓推進」に反対ですが、理由は日本の現状に合っていないというだけです。時間と共に日本人の意識や周辺環境が変わり、違う結論に至る日も来るかも知れないと思っています。今の時期が尚早なのか熟しているのかは、議論というより投票によって決着するべきで、公約に明示していない政権によって法を変えるべきではないと思っています。

韓国の戸籍は、族譜と呼ばれる父系の血統を重んじる制度を元にした物だったようです。婚姻によっても妻は夫の族譜に入らないため、当然別姓というわけです。

また現在でも韓国には、血統意識が根強く残っていて、姓の問題も日本より遙かに複雑だと聞いています。詳しくは知りませんが、若い世代では法律上の「姓」と、出身地である地元に帰ったときに名乗る「姓」が異なるなど、少なからず混乱があるようです。こうした混乱は短期的に解消しにくいのではないかと思います。

日本でも法的には60年前に消滅した「家」意識が今でも多くの日本人の中に残っており、未だに現行法すら国民の意識とはかなり乖離があると感じます。

投稿: BIFF | 2010年12月30日 (木) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26774/50374979

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦別姓の議論について:

« 「社会学小辞典」でも「軍隊は暴力装置」 | トップページ | 「正鵠」の意味は、単なる「的の中心」ではないという話 »