« 【逆転】「的を得る」:「誤用説は俗説」と事実上決着へ | トップページ

補足:「的を得る」誤用説 と「的を得る」の元は「正鵠を得る」説 の比較検討

当ブログには、この5月に、昨年末の『三省堂国語辞典』の「的を得る」誤用説の撤回は「誤用説が俗説であることをほぼ決定づけるできごと」だという解説記事を書きました。

※「俗説」というのは、「確かな根拠もなく、世間に広まっている説」という意味です。ですから必ずしも「俗説=完全に否定された説」というわけではありません。これまであたかも「定説」のように扱われてきた「的を得る」誤用説が、『三省堂国語辞典』の再検証・撤回で、実は根拠の曖昧な「俗説」であったとほぼ決まったということです。

しかし誤用説が大流行して「定説」のように扱われるようになってから、すでに15年ほどになり、とくに若い世代には学校で「的を得るは誤用である」という「教育」を受けた人も多いようです。twitterをみていると、当ブログの記事を読んでも誤用説が「俗説」であると信じられない、あるいは半信半疑という方もいらっしゃいます。

中には「的を得るという気持ち悪い表現」とおっしゃる方もいて、俗説の流行がここまで日本人の語感に影響を与えてしまったかと、少なからず驚きました。

そこで今回は、どうも「的を得る」という表現は受け入れられないという方にも、ご自身で「的を得る」誤用説がどのような説なのか再度考えていただけるように、私の手持ちの情報を整理してみました。

1_2

確かに、これだけ見ると「的を得る」は、何かの間違いであるとしか思えません。


しかし「的を射る」以前に登場していた「物事の核心をとらえる」という同じ意味の慣用表現「正鵠を得る」まで視野を広げて、さらに用例や登場時期、意味の変遷をたどっていくと、すぐにそんなに単純な話ではないことがわかってきます。


以下、正鵠・的(+「当を得る」)の用例が登場した時期と、それらに付帯する事項をまとめました。


Photo


ここから浮かび上がってくるのは、以下の5点になるでしょうか。

1.元来「正鵠」は「的」の意味であった。日本でも明治期の過半の国語辞典に「的=正鵠」と載っている。
2.「正鵠」は、日本に渡ってから「物事の核心」の意味で、さらにその後「的の中心」の意味で使われるようになった。
3.「的」には、もともと「物事の核心」という意味はなかった。
4.日本では古来「的は射るもの」である。
5,「正鵠を得る」は「物事の核心をとらえる」という意味の慣用表現としては、最も古く成立し、用例も圧倒的に多い。

これらをふまえて、一般的によく主張される「的を得る」誤用説である「「的を得る」は「的を射る」と「当を得る」を混同した誤用」という考え方を整理してみます。

3_2


「「的を得る」は「的を射る」と「当を得る」を混同した誤用だ」という説には、次の前提があることがわかります。

・「的を射る」が「物事の核心をとらえる」という意味で使われるようになったことに、「正鵠を得る」「正鵠を射る」は影響していない。

しかし、形は似ているものの意味の異なる「当を得る」は「的を得る」に影響したとしながら、先に登場し、意味も内容も同じ「正鵠を射る」が「的を射る」に影響を与えなかったとする断定は、果たして妥当でしょうか。

もっとはっきり言えば、当初、この誤用説と唱えた人たちは「正鵠を得る」を無関係と判断したわけではなく、単にその存在を見落としていたのではないかと、私は疑っています。

もちろん、現実に「当を得る」を「当を射る」などと誤用した例が少数でもある以上、この誤用説を完全に否定することは出来ません。

しかし、私には

-----------------------------------------

「的を得る」は「当を得る」との混交によるものだ、とする説に対して、『言泉』編者の林大さんは、
「そう言われていますね。それでもいいんだろうけれど、ぼくは、どちらかと言えば、『正鵠を得る』
の方が影響が大きいと思うな」と言う。

                                        ( 『今様こくご辞書』 石山茂利夫 1998年 読売新聞社)

-----------------------------------------

こう語った、林大(はやし おおき)博士の誤用説に対する感想こそ、的を得ているように思えます。
※ 林大博士は、元国立国語研究所所長。『言泉』の監修者です。

一方、「「的を得る」の元は「正鵠を得る」であるとする考え方」をまとめてみると以下のようになります。

4_2



「的を得る」は「正鵠を得る」からの派生だとする考え方は、明治期以降に登場した「物事の核心をとらえる」という同じ意味の4つの表現が、

①元来「正鵠」は「的」と同じ意味である
②日本では古来「的は射るもの」である

これらの影響で、すべて「正鵠を得る」から派生したと解釈していることになります。もちろん、この場合「当を得る」には出番はありません。私には誤用説よりは、こちらの方がより無理がなく、合理的な解釈だと思えます。

※もし派生の経路がこの通りでなかったとしても、例えば、万一将来「的を射る」が「正鵠を得る」より早い段階で「物事の核心をとらえる」の意味で使われていたことが判明したなどという場合でも、「的を得る」は、先に成立していた「正鵠を得る」「的を射る」の影響で派生したとみる方が、無関係な「当を得る」を持ち出すよりもずっと説得力がありそうです。

『三省堂国語辞典』は「的を得る」について、「得る」は「うまく捉える」意味だと判断して誤用という考えを改めたとしているので、必ずしも「正鵠を得る」からの派生と説明しているわけではありませんが、

『三省堂国語辞典』編集者の飯間浩明さんは著書の中で、小学館国語辞書編集部の神永暁氏の言葉を引きながらこう述べています。

-----------------------------------------

神永さんは「正鵠を得る」(「射る」とも言う)との関係から「的を得る」に肯定的な考えを示しています
傾聴すべき意見です。

                                       (『三省堂国語辞典のひみつ』飯間浩明 2014年 三省堂)

-----------------------------------------

このことからも、誤用説撤回の検討時に「正鵠を得る」との関係が視野に入っていたことは間違いないと思います。

|

« 【逆転】「的を得る」:「誤用説は俗説」と事実上決着へ | トップページ

日本語」カテゴリの記事

コメント

貴誌、興味深く拝読する者です。
慎重で丁寧な検証にはただ感服、誤用説の出どころが三省堂だというのも貴誌にて知りました。

私(71年生まれ)もずっと「的を得る」を使って来ましたが、恐らく十数年前、誤用説に触れました。
その時思ったのは、成る程、確かに的は得るものじゃなく、射るものだ、という事で、
以後この言葉を使う時は、意識して「射る」とやっておりました。
しかしやっぱりしっくり来ません。
で、考えたのは、そも正しい語法や文法が先にあるのではなく、言葉はその慣用性が肝心。
「的を射る」は私の知る限り慣用性が低いどころか、それまで一度も聞いた事は無く、つまり
「言葉」ではなかった。そして貴誌を覗き見するに至り、なあんだやっぱり、となったのです。

邪推するに、三省堂はセンセイションをブチ上げようとしたのでは。今で言う炎上商法。
慣用をも支配せんとした不遜な試み。それでいて、貴誌を通して知る限り、余りにも検証が不十分。
「傾聴すべき意見です」なんてのも、引っ込みがつかなくなった者の言い回し。
朝日新聞よりはちょっとマシな程度。
きっと彼らだって「的を得る」を慣用していたと思います。

投稿: 似非無頼 | 2014年11月17日 (月) 09時23分

似非無頼 さん

コメントをありがとうございます。

私も、十数年前の大流行で誤用説を初めて知りました。

学生時代に明治大正期の文章を読んでいたため「正鵠を得る」という表現に馴染みがあり、「正鵠」も「的」の意味だと理解していたので、誤用説を聞いたときには「「正鵠を得る」も知らない無知な者の妄言」と一蹴し、このような俗説はすぐに消えてなくなるだろうと思っていました。

4年前に、平成15年の文化庁の調査で「的を得る」の使用率が激減しているということを知り、これはいけないと、当時の自分の乏しい知識だけで「的を得る」に関するブログ記事を書き始めました。最初は、青空文庫の用例調査で片がつくと高を括っていましたが、その後、見通しがとんでもなく甘かったこと、そして自分自身の無知さ加減を思い知ります。

図書館通いをして国語辞典の調べを進めるうちに、最初に誤用説を採用したのが『三省堂国語辞典』だと気付いたときには、しばし戦意を失うほど衝撃を受けました。

以下、少し補足をさせてください。

↓こちらの記事のコメント欄で指摘をいただいているように、「的を得る」誤用説を初めて主張したのは『三省堂国語辞典』ではありません。

【まとめ】「的を得る」と「的を射る」の誕生と成長の歴史
http://biff1902.way-nifty.com/biff/2010/04/post-63d8.html

この指摘を受けて、私も幾つか『三省堂国語辞典』以前のいわゆる「正しい日本語本」に当たり、内容を確認しました。

その結果、それらは「的を得るは誤用だ。根拠はこの本だ。」では説得力がなくてとても通じない代物であって、誤用説が大流行した原因にはならないと判断し、当ブログでは敢えて取り上げませんでした。やはり『三省堂国語辞典』が誤用説を採録しなければ、後の誤用説の大流行、そしてそれに続く「的を得る」狩りは、起こりえなかったと思います。

しかし『三省堂国語辞典』は、センセーションで売ろうというような安っぽい辞書ではありません。

特に誤用説を最初に採録した第三版は、斯界の巨人である見坊豪紀さんが全身全霊をあげて編集した名辞書です。昨年末発売され、誤用説を撤回した第七版にも、その第三版の序文が載っていますので、よければ是非書店で手に取ってみてください。第三版の序文を読むと、『三省堂国語辞典』が何を目指しているのかがよく分かります。

そして結果的に誤用説を採ったのは間違いであったわけですが、「言葉の鑑」であろうとした志は間違いなく高かったと思います。『三省堂国語辞典』の誠実さは、永らく自身が主張してきた誤用説であっても、間違いであると気付けば誤魔化さずに訂正した姿勢にも表れていると思います。

投稿: BIFF | 2014年11月17日 (月) 19時14分

私の邪推がただの邪推だった事をわざわざお知らせ下さりありがとう存じます。
読解が及ばず、十分な訂正がなされていた事実を汲む事が出来なかった様です。

ところで、このところテレビでよく見る予備校現代文講師をご存知でしょうか。
彼が先日、「的は射るもので得るものじゃない」とやっていました。
言葉のプロの間での評価は知りませんが、一般人には、彼は「言葉の鑑」と
見なされ得るメディア露出と人気を誇っています。

三省堂は誤魔化さずに訂正したとの事ですが、これだけ膾炙した謬説は、
その撤回の周知まで責任があるのではないでしょうか。
少なくとも彼の様な一般への影響力のある人には訂正と経緯の説明を伝える
義務があるように思います。

因みに私が見受けるに、彼は言葉について原理主義的で、独自の検証も無く
受け売りしている感じです。

投稿: 似非無頼 | 2014年11月17日 (月) 23時07分

似非無頼 さん

コメントをありがとうございます。

その予備校講師の方のことは知りません。

ただ既に「的を得るは誤用」という試験問題が入試に出せる状態では無いので、仕事柄すぐにそのような喧伝も取りやめるのではないでしょうか。現在、国語辞典にも、まだ誤用説が載っているものがある段階なので、予備校講師の立場から特に訂正もされないと思います。

私は、まだ誤用説を載せている国語辞典も、改版時には誤用説を撤回していくのではないかと予測していますが、私自身はただの素人でこの予測には何の権威もありません。

『三省堂国語辞典』が誤用説を採録したのは1982年ですが、私は十数年前まで誤用説を知りませんでした。ここまで広まったのは、2000年代になってそれを取り上げたマスメディアの影響が大きかったと思います。

twitterをみていると、編集者の飯間さんもラジオ番組などに出演した際に「的を得る」誤用説の撤回を積極的に話題にされているようです。こっそり訂正したり、広まったから認めたなどと誤魔化さず、むしろ誤りであったことを前面に出している現状で、『三省堂国語辞典』の編集部は、十分責任は果たしていると私は感じます。

また、この記事にも書いたように「俗説=完全に否定された説」ではありません。少し前までのように、俗説による「的を得る」狩りのような状態がなくなれば、私はそれで十分だと思っています。

投稿: BIFF | 2014年11月18日 (火) 19時33分

「正鵠を得る」は誤用で「正鵠を射る」が正しい

投稿: | 2015年3月 2日 (月) 18時23分

2015年3月 2日 (月) 18時23分投稿の方へ

そう主張される方が(学者の中にも)あるのは存じています。
ただ実際の用例を比較すると、登場時期、量とも圧倒的で「正鵠を得る」に軍配を上げざるを得ないと思います。

投稿: BIFF | 2015年3月 3日 (火) 07時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26774/60663670

この記事へのトラックバック一覧です: 補足:「的を得る」誤用説 と「的を得る」の元は「正鵠を得る」説 の比較検討:

« 【逆転】「的を得る」:「誤用説は俗説」と事実上決着へ | トップページ